ワダタスク|志をもったエンジニアを育成する技術者派遣会社

和田助人株式会社|ワダタスク
エアーカー事業

エアーカー事業

Air Car

20年後のエアーカーを考える

20年後のエアーカーを考える

あと20年で、エアーカー(仮称)は社会にとってとても重要な乗り物になり、仕事になり、経済にとっても大事な要素になっているでしょう。
日本が航空機の機体やエンジンで欧米の下請けをしなければならなくなった理由は敗戦ですが、この関係はこれからも恐らく続くでしょう。
しかし、エアーカーは国内に市場があるため、欧米とは別の道を行くことができます。
勿論、海外のメーカーがお互いの技術をマネしたりすることはありますが、どこかの国や企業に基準を作られ、それに従わなければならないことは、初めのうちはありません。
また、国内に市場があれば、それぞれの国の事情に合わせた独自の技術も高めていくことができます。

新幹線新幹線が良い例です。
日本は世界で初めて関門海峡に海底トンネルを作り、列車を走らせています。
この技術は日本のその地域特有の技術であり大陸にある国には必要がない技術です。
国も福祉や雇用などを考えると、これはまさに、支援しやすい乗り物であることは確かです。
これからの大企業には「管理職」は勿論いますが、「エンジニア」が生存できる環境がなくなります。
もし、できるとしたら、それらは「ライトスタッフサービス」です。「ライトスタッフサービス」を今、真剣に考えなければならない時がきました。残念ですが、今を考えると、人を育てる環境と、育とうとする人がいません。
足元と周りを見て判断する人に将来は見えません。自分の将来行くべき山の頂きを見ている人でなければ、それに必要な時間を無駄な時間と思わず努力することができません。

10年その道で努力すれば、必ず結果はでます。

中学校へ入学し、大学を卒業するまでの期間が10年です。通常、人生はこの10年で決まってしまいます。
しかし、その後も「重要な10年」は人生で4回訪れるのです。
誰でも、頑張れば取り返しがつくのが人生です。

10年その道で努力すれば、必ず結果はでます。

私たちの決勝は2028年に始まります。

あと20年で、エアーカーは社会にとってとても重要な乗り物になり、仕事になり、経済にとっても大事な要素になる。
そうであれば、20年先の決勝に勝つため、今から10年頑張って予選を勝ち抜いて決勝の舞台に立ちましょう。